雲仙普賢岳の教訓を未来へ

雲仙普賢岳の噴火災害から30年。相次ぐ火砕流や土石流、降灰など住民は長期にわたり困難な生活を強いられました。噴火でかけがえのない人命が失われ、住居や畑など大切なものが失われながらも、住民や行政など地域が一体となって大自然と闘い続けました。この特設ページでは長崎国際テレビで放送されたニュース映像をもとに当時の体験者に噴火を振り返るインタビューを実施しその映像を紹介します。災害から30年を経て、地域にも災害を知らない世代が多くなってきています。その教訓を後世に伝えるため、また、昨今様々な自然災害が相次いでおこる中、災害を自分のこととして身近に感じ、普段からの備えにつながるきっかけになればと今回特設サイトを新設しました。(制作著作・NIB長崎国際テレビ)

雲仙普賢岳の教訓を未来へ 星野親房さん
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 鐘ヶ江正明さん
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 松尾好則さん
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 元島原市長 鐘ヶ江管一さん
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 災害を記録した“資料”の行方
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 専門家に聞く普賢岳の今
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 消防団長「町を守る」思い
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 大火砕流で大きな被害 養鶏場の男性
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 溶岩ドーム崩落への備えは 初の合同防災訓練
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 子どもたちに災害を語り継ぐ
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 雲仙岳災害記念館 新館長の杉本伸一さん
雲仙普賢岳の教訓を未来へ 命を奪われた警察官 遺族の思いは
WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。