常設展示

日本で最初の「火山体験ミュージアム」

常設展示では大人からこどもまで楽しく分かりやすく、火山に関する学習をすることができます。

1990年11月から約5年間にもおよぶ雲仙普賢岳の噴火。     この地で何が起き、人々はどのように乗り越えてきたか。    自然の驚異と災害の教訓を風化させることなく後世へ残しながら、火山や防災、ジオパークまで、幅広く学ぶことができる     日本で最初にできた火山体験ミュージアムです。

平成噴火ジオラママッピング

大型のジオラマにプロジェクションマッピングを使用し、約5年に及ぶ噴火災害の中で、火砕流や土石流の被害がどのくらいの範囲に及んだのか体験できます。

雲仙岳スカイウォーク

雲仙岳周辺をドローンで撮影。平成新山周辺で見られる溶岩ドームの独特な景観や火砕流で被災した旧大野木場小学校など、空中を歩くような感覚でご覧いただけます。

平成大噴火シアター

火砕流や土石流がなぜ起きるのか体験できる映像や「過去へタイムトリップ」「あの時」「未来へ」の3本を新たに加え、島原半島の成り立ちから、災害~復興までを再現しています。

火山科学

日本や世界の様々な火山における学習や、噴火や土石流、火砕流の仕組みなど、火山科学に関することを様々な体験装置で学習することができます。

災害への備え

雲仙岳で開発された「無人化施工」について、ゲーム感覚で重機を操縦しながら仕組みを理解できる体験コーナー。

他にも様々な施設があり、家族で様々な体験ができます。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。